投稿

お肉もお魚も食べる日本人

原始の日本では、野性動物を狩って食料としていた時代はあったようなのですが、その後、仏教の伝来にともなって、除々、肉食が禁じられていた事もあり、日本では、長いことお肉を食べる習慣がなかったようなのです。現代の日本社会の中では、当たり前のように、日本人もお肉を美味しく頂いていますが、実際に、多くの人々が、お肉を食べるようになったのは、明治時代の文明開化の頃からであると言われています。それまでの人々は、魚や野菜などを主に食べていた事から、日本食と言うと、どうしてもお米やお味噌汁、漬けもの、焼き魚などのイメージがありますよね。実際に、インバウンドの観光客の皆さんに、日本食のイメージを尋ねても、寿司、天ぷら、蕎麦などといって、「お肉」はなかなか出てきません。反対に西洋の文化では、ソウルフードというと、「お肉」の文化が多く、ハムやソーセージ、ウインナー、チーズ、バターなどが保存食として、歴史的にも古くから食卓に並べられていたそうです。「お肉」といっても、牛、豚、鶏だけではなく、イノシシ、馬、羊、山羊、カモなどがあげられますが、海にいてもクジラは哺乳類ですので、クジラ肉になります。最近では、捕獲が世界的に規制されているので、なかなか皆さんの食卓に並ぶようなことはなくなりましたが、日本では各地でクジラは日常的に食べられていたようです。