投稿

キッチンカーのスペースを考えよう

キッチンカーでは、作業する人が二人となると、内部の余裕というのはほとんどありません。調理器具や食器などは前方に、炊飯器などは後方に集中するなどして、作業効率をアップさせましょう。キャンピングカーのように大型のキッチンカーは、固定の店舗とあまり変わらない作業ができます。2〜3人が同時に作業することも可能となります。これならば出店場所でできたての料理を提供することは容易になります。また、軽トラックに小屋を乗せたキッチンカーならば、トラックの周囲も陳列スペースとして、活用して欲しいところ。ガーデンチェアや木製の踏み台など、商品を陳列するなどして、車内外をひとつの空間としてまとめましょう。作業スペースの狭い小型車両は、ハッチバック式の後部にカウンターを取り付けると良いでしょう。