投稿

キッチンカーを始める前に必要な事

キッチンカーで支持を受けないものがあります。商品のラインアップに統一感がない。調理に時間がかかりすぎる料理も嫌われます。曜日によって販売商品をガラリと変えてしまうのも常連客がつきにくくなってしまいます。寿司などの生物やイベントなどで競合が多いメニューも避けられます。キッチンカーは調理場の確保はしっかりしなければいけません。都道府県によっては、キッチンカーの営業許可のほかに、自治体の定めた施設基準をクリアする厨房の確保が必要になります。自宅のキッチンを申請するときは、販売用の送品を調理するための専用スペースを設けなければなりません。自宅のキッチンが使えないという場合には、居酒屋など夜のみの営業をしている飲食店の厨房を営業時間外に貸してもらうというのも方法です。その際、家賃の何%かを支払うといったケースで対応しているお店も多いそうです。また、元飲食店の安い居抜き物件を借りて、調理場にしている人もいるようです。調理場の許可が必要かどうかを自治体できちんと確認してからキッチンカーを始めなければなりません。お客様を惹きつけるために、効果的な販売方法も考えましょう。SNSで評判を上げるために、映える盛り付けをするのも大切です。キッチンカーはちょっとした工夫が売上を左右します。リーズナブルな価格、サービス、できたての料理の提供をするなど、自分のキッチンカーの魅力を引き出す方法を考えてみましょう。商品やメニューが決定したら、それをどのようなスタイルで販売するかを考えます。同じものを売るのに、雰囲気やサービスなどで売上はかなり変わります。いかに効果的な販売ができるかが、集客力の差になってきます。