様々なメニューを提供し、需要のある場所で販売することができるキッチンカーは、新しい飲食店を開業したいという方にぴったりな形態といえます。

一般的に飲食店を開業するためには、店舗となる物件を確保することだけでなく内外装の設計や調理機器の導入、客用テーブルや椅子の設置など大変大きな費用が発生することとなります。

食器類の準備や、店舗の規模によっては従業員の確保も必要となりますので、開業にあたっては入念な計画をしなければ軌道に乗せることが難しいとされています。そのような観点からキッチンカーでの開業は、初期費用を大幅に抑えることができることでコストに関する問題をクリアすることができるためおすすめです。

ただし、キッチンカーを使用した飲食業をするためには保健所の営業許可が必要であること、利益の出るメニューを用意して販売することなど、成功に向けて考えなければならないこともあります。そのような観点からも、開業に向けたセミナーへの参加が第一歩としてベストな方法でしょう。多くのノウハウを学ぶことができ、キッチンカーでしっかりと収益が得られる将来が期待できます。

キッチンカーを選ぶポイント

近年では、キッチンカーで営業する飲食店が増えてきています。自分もキッチンカーを使った営業を行いたいという場合には、様々なポイントを考慮して選ぶことが重要となってきます。

選ぶときにはつい見栄えが良いデザインや調理設備の良い車を選んでしまいがちですが、キッチンカーを選ぶ場合には安全に長く動かせることを意識して選ぶことも大切なポイントです。そのため、メンテナンス性までしっかり考慮して選びます。外装や内装にこだわりたい方はキッチンカーの制作を行っている業者がありますので依頼してみるのも良いでしょう。ヴィンテージカーなどは見た目は良いのですが、機能が不十分なこともあるため注意が必要です。

また、中古車を購入する際にも注意したいポイントはたくさんあります。走行距離、外観、足回りの劣化度合い、使用感などをチェックして選んでいきます。

新車でも中古車でもメンテナンスをしやすいキッチンカーを選ぶというのもポイントです。キッチンカーは、調理設備や食材など通常の車よりも重い機材を積んで走行するため車両への負担が大きくなっているため、日頃から車体に問題ないかチェックすることが大切です。